レブル1100用 エンジンガード・リアガード


エンジンガード:18,900円(消費税込み)

カラー:艶ありブラック(ガードの全幅約680ミリ)

              

特徴:ガードの取付は、専用のバンドをフレームに取り

   付け、その部分にガードを取り付けるといった簡

   単な方法です。エンジンマウントを利用する場合、

   ステーが長くなり、あまり強度が得られないため、

   バンドの利用と左右のガードを連結させ、また、

   連結部の内側に入るパイプは30センチ程の長さ

   にして強度を出しています。バイクやガードの

   構造上、ジムカーナ等で使用出来る程の強度は

   期待できないため、(この車両でジムカーナをす

   る方はいないと思いますが)立ちゴケ等の軽度な

   転倒時の保護を目的としています。

※ご注文方法や、送料等に関しましては、注文ボタンを

 クリックして、ご確認下さい。

 

 

 

 

 

リアガード:14,600円(消費税込み)

 

カラー:艶ありブラック(ガードの全幅約730ミリ)

特徴:転倒時に、バイク後方の側面を保護いたします。エンジンガードと併用していただくと、転倒時にバイクと路面との隙間が大きく取れ、 

   足を挟むケースを軽減できます。マフラーに関しましては大きさの点からリアガードで完全に保護する事は出来ません。(マフラー下部

   は地面と接触すると思いますが、側面は保護出来ます)車体の構造上、タンデムステップ部分とリアフェンダー横のサイドレール(正式な

   部品名ではない)部を利用するしかなく、この部分はアルミ製の部品に直接ネジが切ってあり、そのため大きな転倒時にネジが潰れる可能

   性も考えられます。また、このガードを取り付けることによりサイドバッグ等の用品が取付け出来なくなります。

   ※このバッグなら取付け出来るか、このマフラーに交換しているがガードに当たらないか等は、現物を確認しない事には返答できませんので、

    ご容赦ください。以上のような点をご理解いただいた上で、購入をご検討下さい。                                           

   ※ご注文方法や、送料等に関しましては、注文ボタンをクリックして、ご確認下さい。

 


エンジンガード取付方法:(製品には、もう少し詳しい説明書をお付けしております)

 

 

ガード取付用のバンドを、フレームにセットする。

(L側も同様に取り付けておく)

 

 

R側のガードを取り付ける。

 

 

ガードR側とL側の連結部分を通しながら

L側のガードを取り付ける。

後は、各部のボルトを締め付けて終了です。


リアガード取付方法(取付方法は、R側・L側とも同じです)

 

 

リアフェンダー横にある、レール部分の

ボルト2本を取外す。

 

 

タンデムステップを取外す。

 

 

付属のアルミカラーを、レール部分と

ガードの間に挟んで、ガードを取付け

て終了。