CB250R

全ての年式に取付出来ます。

シート高が比較的高いため、立ゴケや取り回し

中に転倒させてしまうケースに特に役立ちます。

通常の転倒では、ガードの下部(後方に伸びる

サブパイプより下側)が接地し、バイクがゴロン

転がりそうな時には、上側である程度支える事

可能です。(前後のガードを取付けていただく

と効果性はアップします)

※バイクの全幅805に対し、ガードの幅は前後とも

 780となっています。

※PL法等に基づく表記事項:

 本品は、各部を完全に保護できるものではない事、及び、

 転倒などの度合いによって、本品が原因で車体や身体にに損傷が

 及ぶ可能性もある事をご承諾の上、ご購入いただきますよう宜しく 

 お願い申し上げます。

 

 


 

エンジンガード:16,800円

 

※ブラックのみ

 

取付に必要なボルト類や、説明書はお付け

しております。

 

※Uターンしている部分のパイプ(車体と最も接近している

 部分)は、ラジエターサイドのカバーとの隙間が約40ミリ

 程となっています。 

 

 

ご注文方法や、送料等に関しましては注文ページの

アイコンをクリックしていただきご確認下さい。

※クリックしても自動的に注文した事にはなりませんので

 ご安心下さい。


リアガード:18,600円

              

※ブラックのみ 

取付に必要なボルト類や、説明書はお付け

しております。

 

※ キジマ製・デイトナ製のヘルメットホルダー

  との併用は出来ません。 

 

ご注文方法や、送料等に関しましては注文ページの

アイコンをクリックしていただきご確認下さい。

※クリックしても自動的に注文した事にはなりませんので

 ご安心下さい。


エンジンガード取付方法:(詳しい、取付説明書はお付けしております)

 F側のエンジンマウントボルトを取外し、その部分(付属のボルトに交換します)とフレームに取り付ける専用の

バンドを利用して取付けます。

※マウントボルトのナットは、印象として生産ラインで規定以上に締め付けられているのか、これまでBOXレンチ等で

 手で緩める事の出来た車両はありませんでした。(インパクトレンチが必要)すべての車両がそうとは限らないと思い

 ますが、ご自分で取付を行われる方は、緩める事が出来るかどうか事前に試していただき、無理な場合は販売店等で

 一旦緩めていただき、その後、手で締め付け(規定トルクで)ておかれる事をお勧めいたします。(そのようにして

 から家に帰り、商品が到着後、ご自分で作業された方の提案です)


リアガード取付方法:(詳しい取付説明書はお付けしております)

タンデムステップホルダーと、リアフェンダーが取付いている部分を利用して専用のフレームを取付け、

そのフレームと、タンデムステップ(純正のステップは取外します)部を利用してガードを取付けます。

ガードには、足を置く部分が付けてありますので、ガードを付けてもタンデムは可能です。

※専用のフレーム製作や、カラー・ボルト類の数の多さなどから、恐縮ですが他機種に比べ割高となっています。