NC700・750S・X用エンジンガード(消費税込みの価格となっております)

                          ※リアガードは製作しておりません。



タイプ1

タイプ2  

タイプ3



 

当店のNC750S・X用のエンジンガードは

左の写真にある、黒丸部分にガード取り

付け用のバンド等をセットし取り付けます。

この3か所いずれかの部分に、何らかの部

品を取り付けておられる場合は、ガードを

併用して取り付けていただく事が出来ませ

んのでご注意ください。

 

タイプ3に関しましては、2点留めとなっ

おります。ページをスクロールしていた

だき、下の方にある写真をご覧ください。

 

 タイプ1

 

エンジンガード:14,800円 (ブラック) 

 ※消費税込み

(純正のフロントサイドパイプと併用出来ません)

  併用出来るのはタイプ3となります。       

適合機種:NC700・750S・X 全ての年式
ガード取付に際し、DCT関連部品が取り付いている部分は 

  関係しませんので、DCT搭載車も問題無く取り付けていた

 だけます。                              

 
 

タイプ1

 

エンジンガード:15,800円

 ※消費税込み 

  

カラー:マットアクシスグレーメタリック

 

ホンダ純正用品のフロントサイドパイプと

同じ色に塗装してあります。(多少の差異は

ご容赦ください)

※  フロントサイドパイプと併用出来ません。

   併用出来るのはタイプ3となります。


 

タイプ2 

エンジンガード:17,800円 (ブラック)
 
※消費税込み
      適合機種:NC700・750S・X 全ての年式
 DCT搭載車も取り付けていただけます。
   少々大型のサイズでも、カウルやウインカー等を完全に 

 保護する事は出来ませんのでご容赦ください。 

 ガード重量は、片側がタイプ1が約900グラム。

 タイプ2が約1400グラムとなります。

 タイプ2の強度はタイプ1に比べ約1,5倍程アップ

 しております。

 (純正のフロントサイドパイプと併用出来ません)

  併用出来るのはタイプ3となります。

タイプ2

 

エンジンガード:18,800円

 ※消費税込み 

カラー:マットアクシスグレーメタリック

 

ホンダ純正用品のフロントサイドパイプと

同じ色に塗装してあります。(多少の差異は

ご容赦ください)

※ フロントサイドパイプと併用出来ません。

       併用出来るのはタイプ3となります。

タイプ3

 エンジンガード:14,800円

※消費税込み

カラー:マットアクシスグレーメタリックのみ

この商品は、純正のフロントサイドパイプと併用

出来るようにしたタイプです。タイプ1と2は、

ガードの後方部分の取り付け位置がサイドパイ

取付位置と重なるため併用できませんが、この商

品は2点留めとする事により併用できるようにし

てあります。その関係で、強度はタイプ1と2に

比べ劣っております。サイドパイプと併用したい

方にお勧めいたします。色は純正サイドパイプの

マットアクシスグレーメタリックに合わせて塗装

してありますが、多少の差異はご容赦ください。 

 

 

 


取付方法:写真はタイプ1ですが、タイプ2も取付方法は基本的に同じです。

 

 

 

 

 

1 ガード取付用のUボルトを写真の位置にセットする。

 

 

 

 

2 ガード取付用のバンドをフレームサイドにセットする。
 (バンドを少々動かせるように仮付状態にしておく)

 

 

 

 

3 ガード取付用のバンドをフレーム下部にもセットする。
  (仮付状態)

 

 

 

4 ガードをセットし各ボルトを締付ける。

 

  もう少し詳しい取付説明書をお付けしております。


 

ガードと取付用バンド内側のフレームと接する部分には、
ゴムが貼ってあります。エンジンマウント部を利用できれば
いいのですが、NCの場合、エンジンマウントがアンダーカウル
の内側にあり、その部分を利用する場合、ステーが長く複雑な
曲げになり、強度的にどうしても弱くなるため、当店ではこう
いった取付け方にしております。

 

 

タイプ2:

取付方法は、基本的にはタイプ1と同じです。異なる部分は
ガードの大きさの関係で、サブパイプ固定部にバンドを
2個使用している点だけです。

 

タイプ3は、専用のUボルトと専用のバンドを用いて、

2ヵ所で固定し取付ます。後方に伸びているパイプ部分は

延長したプレートに溶接してあるだけで、そのプレートの

裏側にはゴムが張ってあり、転倒時フレームと直接接触

しないようにしてあります。